タブ2016
2018 2017 2015 2014 2013 2012 2011
5月下6月上6月中6月下7月上7月中7月下8月上
|8月中|8月下9月上9月中9月下10月上10月中10月下
No.57

【日 時】 8月17日(水) 3:30〜
【場 所】 裏磐梯各所
【状 況】 天候:雨 水温:23.1℃〜
【お客様】 坪田 様
【テーマ】 真夏の男の釣り(ベイトタックルの釣り)
【釣 果】 スモールマウスバス2匹・ラージマウスバス7匹(最大37.0cm)
【ヒットルアー】 SRクランク・ダブルスウィッシャー・フロッグ

 台風7号の接近に伴い会津地方に土砂災害警戒情報が出されたことを受け、桧原湖への出船は見送り。暴風に備えていつでも撤収できるよう、ライト&ファスト作戦で臨みました。坪田さんにとっては、昨年9月に続き2度目の台風釣行ということに・・・。
 完全貸切状態となった釣り場で、まずはSRクランクから始めると、ほどなくして1匹目がストライク! それからプチビッグベイトに作戦変更すると、バイトはあるもののランディングには至らず・・・。大荒れになる前に本命エリアを釣っておきたかったので移動すると、早速ダブルスウィッシャーに2バイト1フィッシュ! 次のポイントでは反応がありませんでしたが、期待の最終ポイントではプチビッグベイトに40cmクラスが怒涛の連発!・・・となったものの、立て続けに3匹バラシて坪田さんも「はあ〜。」 この頃から早くも風が強まり始めたので、大事をとって撤収。雨の中、風に強い次の釣り場へ向かいました。

坪田様

「2度目の台風釣行は、ほろ苦かったです。」

 バズベイトで手早く探って行くと、雰囲気は抜群ながら全くの無反応。そこで、SRクランクに作戦変更すると、小型ながらもバイトが続きました。次にサイズ狙いでフロッグを投入すると、早速「ゴボッ!」・・・アワセが早過ぎる! しかし、次のバイトはキッチリとモノにできたので続行すると、もんどりうって「ゴボッ!」・・・またアワセが早過ぎる! その後も1バイトありましたがフッキングに至らなかったので、最後はSRクランクも併用して釣って行きました。さすがにバイト頻発とは行きませんでしたが、最終ポイントでのラストキャストで小型ながらも1匹追加! これで気分良く釣り場を後にすることができました。
 「バイトの数はハンパなかったですよね〜。今日は決定力がなかったな〜。」と悔し楽しの時間を過ごした坪田さん。お盆休み明けでしたが、台風のおかげで熱いゲームができました。来月の釣行に向けて、クランキングの良い練習にもなったと思います。

No.58

【日 時】 8月18日(木) 3:30〜
【場 所】 裏磐梯各所
【状 況】 天候:くもり 水温:23.3℃〜
【お客様】 坪田 様
【テーマ】 ボイルを撃つ!
【釣 果】 スモールマウスバス1匹・ラージマウスバス3匹(最大36.0cm)
【ヒットルアー】 ポッパー・ストレートワーム

 台風7号の影響は未知数でしたが、荒天にはならない予報が出ていたので、釣り場の選択肢は豊富。そこで、坪田さんが最も熱くなれるというボイル撃ちをすべく、湖へ向かいました。
 まずはデカトップとSRクランクで浅場から探ってみましたが、反応ナシ。早々に深場へと移動し、DRクランクの男巻きを試すと「ズズンッ!」・・・でバレた。「今日もか・・・。」と坪田さんもガックリ。メタル系には反応がなかったので別のエリアへ向かうと、待望のボイル発生! それをポッパーで狙い1匹仕留めたところで、DRクランクでバイトを得たエリアへ戻りました。すると、スーパーボイル発生! これを手持ちのルアー総動員で狙いましたが、魚は一切ルアーを追わず・・・。超高活性の魚の前に完全敗北となったので浅場へ向かいましたが、SSRクランクに1バイト0フィッシュ。降参して次の釣り場へと向かいました。

坪田様

「相手にとって不足なさ過ぎでした(泣)」

 弱い雨の予報でしたが夏日になって来たことを受け、ポッパーでスタート。すると、バイト頻発となったものの、ルアーを水中へ引きずり込まない! そこで、真夏の定番であるノーシンカーで釣って行くことにしました。これまたバイト頻発となったものの、魚が小さいのかフッキングには至らず・・・。「ラインでバイトを取るっていうのが・・・。」と、慣れない釣りに坪田さんも四苦八苦。しかし、遂に日陰のスポットで40cmオーバーを発見! これを狙うとラインが走って・・・ストライク! となったものの、小型魚が横取りという・・・。そして最後に、今後を見据えてスキッピング講習をして終了しました。
 今日は結果的に返り討ちに遭いましたが、「釣れなくてもボイルを撃つのは楽しいです。」と坪田さん。長い目で見れば、難易度トリプルAの魚と対戦したことは財産になるはず。釣果以外で得られたものも多かったのではないかと思います。

No.59

【日 時】 8月19日(金) 3:30〜
【場 所】 小野川湖
【状 況】 天候:晴れ 水温:23.2℃〜
【お客様】 佐藤 様
【テーマ】 ハードルアーの持ち駒を増やす
【釣 果】 スモールマウスバス3匹(最大40.5cm)
【ヒットルアー】 プチビッグベイト・フローティングミノー

 3年前に人生初バスを裏磐梯で釣った佐藤さんは、それからタックルとルアーを大幅に増強して並々ならぬ気合の入りよう。「普段はどうしてもソフトルアーメインの釣りになるので、ハードルアーをメインに釣りたいです。」とのリクエストを受け、湖へ向かいました。
 まずはSSRクランクで始めましたがショートバイト。直ぐにプチビッグベイトに変更するとバイト頻発となりましたが、フッキング後にリーリングを止めてしまう悪いクセが・・・。しかし、遂に39cmがストライク! それからはボイル頻発となったので、JTDミノーとペンシルベイトの併用で釣って行くと、バイトはあるもののフッキングには至らず・・・。平日にも関わらず、この頃から他船も出始めたので、先手必釣作戦で大移動。有望スポットを我先キャストで釣って行きましたが、ベイトフィッシュがおらず完全ノーバイト・・・。アテが外れてしまいましたが、本命エリアをバッサリ切り捨て、大移動を決意しました。

佐藤様

「時合が過ぎてからの会心の1本です!」

 移動先では真夏の一等地に入ったものの、ここも完全ノーバイト。プランをリセットする意味でも少し釣り場を観察してみると、一筋の光が差し込んで来ました。ポッパーは見切られたのでミノーに換えると、大物がゆっくりと追尾して「ハフン。」・・・ストライク! 事前のドラグ調整が功を奏し、強烈な引きに耐えてランディングに成功! 佐藤さんの自己記録に匹敵する本日の最大魚を仕留めることができました。その後は練習を兼ねて少しフライフィッシングをやってから、出船場所に戻りつつ釣って行きました。何度かボイル撃ちができる機会はありましたが、結果は出ず・・・。しかし、最終ポイントでのライトキャストで小型ながらもストライク! これで気分良く釣り場を後にすることができました。
 今日は投入した5つのルアーでバイトが得られ、うち3つのルアーのデビューに成功しました。「普段はこれだけバイトがある釣りをしていないので、落ち着いて釣るのが難しかったです。」と反省する佐藤さん。明日、平常心で釣れば今日以上に釣れることでしょう。

No.60

【日 時】 8月20日(土) 3:30〜
【場 所】 小野川湖
【状 況】 天候:晴れ 水温:22.4℃〜
【お客様】 佐藤 様
【テーマ】 ハードルアーの持ち駒を増やす2
【釣 果】 スモールマウスバス8匹(最大37.0cm)
【ヒットルアー】 ポッパー・ペンシルベイト・フローティングミノー

 昨日の釣りでいろいろな改善点を洗い出した佐藤さんは、夜明け前から気合十分。動作の安定化と平常心をキーワードに、無人の湖上に出船しました。しかし、急な水位の低下が見られたことから、「昨日と同じようには釣れないと思います。」と告げて実釣に入りました。
 まずは昨日の連発ポイントへ入りましたが完全ノーバイト。これは想定内だったので直ぐにエリアを変更し、昨日は完全ノーバイトだった有望スポットを我先キャストで釣って行きました。すると、JTDミノーに「ゴボッ!」 これを含めて5投連続バイトとなったものの、クラッチを入れるタイミングが遅く、全てフッキングならず・・・。しかし、ようやくポッパーで1匹目! その後は、プチビッグベイトで1バイト0フィッシュ、ペンシルベイトで1バイト1フィッシュ。佐藤さんの調子が上がって来たところで、本命エリアへ大移動しました。そこでフローティングミノーを試すと、2バイト目に良型がストライク!

佐藤様

「狙って仕留めた価値ある1本です!」

 真夏の一等地に入れた感があったので、丁寧に釣ることにすると、幸運にもにわか雨が降り出しました。このタイミングでプチビッグベイトを再投入すると、「ゴボッ!」と出ましたが・・・。その後、ボイルを狙ってフローティングミノーを撃つと一撃! メタルバイブでも1バイトを得て手応えを感じた頃から、急に晴れて来たのでフライの可能性も視野に入れました。すると、一転して強風が吹き始め、荒天となる兆しが・・・。後ろ髪を引かれる思いで一等地を離れ、出船場所付近でサイズは望めないことを承知の上で数釣りに移行。最後に小型魚のバイトラッシュを味わってから終了としました。
 出船時には減水による苦戦を覚悟していましたが、終わってみれば小型魚も含めて合計26バイト! 佐藤さんの釣りに安定感が増したことで、昨日の釣果を大きく上回りました。今後はルアーを増やさず釣行回数を増やすことが、上達するための最短ルートと思います。



HOME ガイド内容と料金 7つの特徴 フィッシングカレンダー ご予約


E-mail guide@yamanotayori.com

- 裏磐梯・桧原湖 山の便りバスフィッシングガイドサービス -