タブ2017
2018 2016 2015 2014 2013 2011 2011
5月上5月中5月下6月上6月中6月下7月上7月中7月下
8月上8月中8月下9月上9月中9月下10月上|10月中|10月下
No.73

【日 時】 10月14日(土) 12:30〜
【場 所】 小野川湖
【状 況】 天候:くもり 水温:14.7℃〜
【お客様】 嶌村 様
【テーマ】 初の秋スモールを釣る -スピナーベイト特訓
【釣 果】 スモールマウスバス2匹(最大42.0cm)
【ヒットルアー】 スピナーベイト

 これまで何度か10月の裏磐梯に挑戦しているものの、なかなか結果が出ないという嶌村さんは、ド早朝の単独釣行も控えて体調は万全。紅葉狩りの観光客による渋滞と湖上の引き波を警戒して、少し早めに小野川湖へ向かいました。
 湖上からの紅葉狩りという、この時期ならではの贅沢を味わいつつ、有望エリアへ一直線。道路同様に湖上も秋の週末とは思えないほどガラガラで拍子抜けしましたが、これ幸いとスピナーベイトやSPシャッドの練習を兼ねて釣って行きました。ルアーは使い方を間違えると結果が出ないため、夕マズメまでに正しい使い方の習得できるようキープキャスティング。すると、本命ポイントで早々のストライク! 念願の秋スモールが39cmとあって、「(スピナーベイトを)買って来て良かったです。」と嶌村さんも感無量。予想よりも早くテーマ達成となったので、それから気持ちに余裕を持って別の本命エリアへボートを進めました。

嶌村様

「特訓の成果が最後の最後に花開きました!」

 本命エリアでは、いきなりのボイル発生! これを秘密兵器で狙うと、早速バイトがありましたが・・・。その後も濃厚な魚の気配を感じつつ釣りましたが、異常なまでにセレクティブで、タイミングが完璧に合わないと追尾のみという・・・。そうこうするうちに時合が過ぎてしまい、反応がなくなったので帰りながらスピナーベイトで釣って行きました。有望スポットでも反応が得られず日没が迫って来た時、待望のバイト! これは直ぐにバレてしまいましたが攻め続けると、遂に「ゴゴンッ!」・・・ストライク! 尋常ではないパワーでロッドをブチ曲げたのは、ブリブリに太った42cm! これぞ秋スモールという感じの見事な魚体でした。
 「文句のつけようがない。」と大満足の様子の嶌村さん。地道なスピナーベイト特訓が実を結びました。ルアーの真価を引き出し結果に繋げるには、正しくかつ安定した使い方の習得が必要不可欠。今回は、釣果以上の財産が得られたのではないでしょうか。

No.74

【日 時】 10月15日(日) 4:30〜
【場 所】 桧原湖
【状 況】 天候:くもり 水温:14.9℃〜
【お客様】 嶌村 様
【テーマ】 2017年有終の美を飾る
【釣 果】 スモールマウスバス1匹(最大30.0cm)
【ヒットルアー】 フローティングミノー

 昨日でテーマを達成したことと、週末の割に人出が非常に少なかったことを踏まえて、最終日の今日は桧原湖へ向かいました。その道中にはイノシシと遭遇。「初めて見ました。」と嶌村さんも"何か"起こることを予感したようでした。
 まずは特訓したスピナーベイトからスタート。しかし、最初のエリアにはワカサギが非常に少なく、ここで最後と決めた場所でようやく初バイト! しかし、フッキングが遅れ・・・。沈みかけたスピナーベイトに2度目のバイトがありましたが、嶌村さんは諦めてしまっていたためフッキングできず。少し進むと急激に水質が良くなったので、丁寧に釣ろうと思っていると、まさかのボイル発生! これをミノーで狙いましたが、キャストが決まらず・・・。しばらく底層の釣りをしていると再びボイル発生! これを狙うと「ゴボッ!」と出たのですが、フッキングが決まらず・・・。ただ、これでエリアに対する自信は一層深まりました。

嶌村様

「トップで遠征最終日を締めくくりました!」

 移動せずに粘っているとまたまたボイル発生! すかさず狙うと、遂にストライク! 釣れたのは平均サイズでしたが、10月半ばのトップウォーターでのストライクは値千金です。その後、ラバージグ、ジグヘッドリグ、スピナーテイルジグにそれぞれ1バイトありましたが、そのどれもがショートバイト。すると、またしてもボイル発生! 即キャストに苦戦する嶌村さんでしたが、友好的な魚が「ゴボッ!」・・・フッキングが遅れ・・・。この日はハイシーズン並みにボートが多く、その引き波に悩まされることに加えて風が強まり始めたことから、早めに戦線離脱。最後に小場所で釣りましたが、残念ながらバイトはありませんでした。
 結局、釣果は1匹のみでしたが、"何か"は季節外れのトップウォーターゲームが楽しめたことでした。今後の課題は、ルアーをキャストしたら途中で勝負を投げ出さないこと。ルアーが水中から戻って来るまでは決して諦めず、最後までリールを巻き続けましょう!!!



HOME ガイド内容と料金 7つの特徴 フィッシングカレンダー ご予約


E-mail guide@yamanotayori.com

- 裏磐梯・桧原湖 山の便りバスフィッシングガイドサービス -