タブ2017
2018 2016 2015 2014 2013 2011 2011
5月上5月中5月下6月上6月中6月下7月上7月中7月下
8月上8月中8月下9月上9月中9月下|10月上|10月中10月下
No.69

【日 時】 10月7日(土) 4:30〜
【場 所】 曽原湖他
【状 況】 天候:雨 水温:14.7℃〜
【お客様】 倉川 様
【テーマ】 巻く! - 大物ラージ狙い
【釣 果】 ラージマウスバス11匹(最大37.0cm)
【ヒットルアー】 スピナーベイト・MRクランク・SRクランク・バズベイト

 当初は桧原湖での釣りを希望していた倉川さんでしたが、荒天となる兆しが見られたので、安全第一で曽原湖へ向かいました。早朝にも関わらず2ケタ気温での小雨という好条件を活かすべく、我先出船で好ポイントのみをラン&ガンすることにしました。
 まずは、ウォーミングアップがてらダブルスウィッシャーから始めましたが反応ナシ。これは想定内だっだのでスピナーベイトに替えると、狙いどおり良型のラージが立て続けにストライク! 倉川さんの巻魂に火が点いたところで好ポイントを撃ちまくって行きましたが、意に反して無反応。要所は撃ち切ったところでS字系ビッグベイトに作戦変更すると、45cmクラスのスモールが食って来たのですが、バイトが浅く・・・。その後はバイトがなく、ルアーを通した場所からは45cmクラスのラージが泳ぎ去るという・・・。この日のオイカワの遊泳層が3mだったこともあり、他船が増え始めたのを機に釣り場を変えることにしました。

倉川様

「最初から最後まで巻きに巻きました!」

 後半も引き続き巻きまくり。魚影が一切見えない状況でしたが、クランクには好反応。しかし、バイトが小さく「食っても反転しませんね。」とフッキングに手を焼く倉川さん。すると、フラリと現れたのは45cmクラスのラージ! これをラバージグで狙うと直ぐに反応し、頭を下げて魚体をやや傾けてから「ハフッ!」 倉川さんが渾身のフッキングをした0.5秒前に、「フヘッ!」と吐き出すという・・・(号泣)。その後は確認の意味で投入したバズベイトでも1匹仕留めましたが、後が続かず。特に明瞭なヒットパターンが見いだせなかったこともあり、最後はスピナーベイトを巻きまくり、3匹追加したところで終了としました。
 巻きモノには絶好の状況と思われましたが、残念ながらテーマの大物捕獲には至りませんでした。ビッグベイトをしっかり食ってくれたなら・・・。ラバージグをあと1秒長く咥えていてくれたなら・・・。本当にもう一歩のところだっただけに、悔しい釣行となりました。

No.70

【日 時】 10月8日(日) 4:15〜
【場 所】 桧原湖他
【状 況】 天候:晴れ 水温:15.0℃〜
【お客様】 倉川 様
【テーマ】 巻く! - スモール狙い
【釣 果】 スモールマウスバス2匹(最大39.5cm)
【ヒットルアー】 FBラバージグ・シャッドテイルワーム

 昨日はラージ狙いの釣りをしたので、今日はスモールを狙うべく桧原湖へ向かいました。3連休の中日ということで、他船の引き波がない早朝に要所のラン&ガンをして大物を仕留めてから、じっくり深場を釣ることにしました。
 まずは、当然ながらスピナーベイトからスタート。曇天での2ケタ気温だったので、倉川さんの巻魂は全開でしたが、巻いても巻いても巻いても巻いても全く反応ナシ。魚探画像は水深9.5mを推奨していたので、確認のためメタルバイブを投入すると、早速のショートバイト。狙うレンジは分かったのでFBラバージグに作戦変更すると直ぐに良型が釣れたものの、"いつの間にか食ってた感"が否めないヒットだったこともあり、イマイチ納得できない倉川さん。ダウンショットリグにも1バイトありましたが、引き続き巻きモノとトップには全く反応ナシ。他船の引き波が煩わしくなって来たので、ギャンブルで浅場へ様子を見に行きました。

倉川様

「今日は全く巻かせてもらえず・・・(涙)」

 複数の良型スモールを射程圏内に捉えましたが、前回同様、どの魚も全くヤル気ナシ。風が吹き始めたタイミングで深場へと戻り、腹を括ってジグヘッドリグを投入すると、本日の最大魚がヒットしたものの、これまた"いつの間にか食ってた感"が否めないヒットだったこともあり、イマイチ納得できない倉川さん。単発良型を求めてノーマークの浅場に移動し、スピナーベイトを引き倒しましたが、これまた全く反応ナシ。そこで確認のため私がポイントを外して釣ってみると良型がヒットしてしまい、船上の人間関係が微妙になりました(汗)。最後は小場所でサイトフィッシングを試みましたが、良型ラージにスモラバを見切られて終了(泣)。
 結果的には深場でのライトリグで粘るのが正解という印象でしたが、「それは分かってるんですけどね。」と倉川さん。サービス残業もしたのですが、トップ&巻きモノ&サイトといういつものスタイルが全く通用しないという・・・厳しい釣りとなってしまいました。

No.71

【日 時】 10月9日(月) 4:30〜 / 15:30〜
【場 所】 小野川湖・曽原湖
【状 況】 天候:晴れ 水温:14.6℃〜
【お客様】 田尾 様
【テーマ】 改めて2017年有終の美を飾る&自己記録更新
【釣 果】 スモールマウスバス2匹・ラージマウスバス1匹(最大39.5cm)
【ヒットルアー】 スピナーベイト・ポッパー

 会心の釣りをして今シーズンの裏磐梯遠征を締めくくりたいという田尾さんは、夜明け前から気合十分&睡眠時間不十分。当日の状況を総合的に判断すると、夕方に時合が訪れることは明らかだったので、ペース配分にも気を配ったプランで臨みました。
 3連休最終日であることを踏まえて、無人の小野川湖に出船。一気に有望エリアまでロングランし、スピナーベイトから始めました。単発良型を拾う釣りになることを告げて、キープキャスティングに努めていると、ボイル発見! これをスピナーベイトで狙い撃ちすると、絵に描いたようにストライク! 会心の1本に田尾さんもご満悦。その後はショートバイトが続き、なかなかモノにできませんでしたが、折り返し地点で意地の1本を追加! その後は晴天無風の秋の行楽日和となったので、粘ることなく早々に撤退しました。日中は十分に休んで体力の回復を図り、多くのアングラーが帰路につく夕方に正しく大暴れする作戦としました。

田尾様

「不動王の称号は、既に過去のものです!」

 夕マズメの部は、満を持して曽原湖へ。水温は16℃を超えており、予想どおりアングラーもまばらだったので、期待して釣り始めました。しかし、全く反応ナシ・・・。弱気な釣りへ移行すると逆に自己記録魚から遠ざかると判断し、パワーゲームで押して行きました。しかし、一向にバイトなし。バズベイトにも反応がなく、崖っぷちに追い込まれたところでポッパーに作戦変更。すると、地味なバイトが2回あって、遂にストライク!・・・しかし、釣れたのは平均サイズのラージでした。条件は最高と思えたのでサービス残業も行いましたが、その後は何も起こらないまま終了。大逆転のドラマを起こすことはできませんでした(涙)。
 好条件を活かすべく、時合のみ集中して釣る完璧なプランで挑んだつもりでしたが、期待も虚しく結果は出ず・・・。それでも田尾さんは早朝に会心の1本を仕留めたことで、それなりに満足のようでした。けれども、最終日の明日こそは納得の釣果をあげたいところです。

No.72

【日 時】 10月10日(火) 5:00〜
【場 所】 桧原湖
【状 況】 天候:くもり 水温:15.0℃〜
【お客様】 田尾 様
【テーマ】 改めて2017年有終の美を飾る&自己記録更新2
【釣 果】 スモールマウスバス5匹(最大41.5cm)
【ヒットルアー】 スピナーベイト・スピナーテイルジグ

 昨日の夕マズメは頑張りが報われず、悔しさのあまり寝つきが悪かったという田尾さんでしたが、やや出発時間を遅くしたことで十分な睡眠時間を確保でき心機一転。平日であることを踏まえ、田尾さんの2017年最終日の今日は桧原湖へ向かいました。
 釣果を優先させるなら朝イチから深場に直行してライトリグを投入すべきと思いましたが、気温14℃でローライトとなれば、巻魂を抑えることは難しいわけであり・・・。「一応、最初だけでもやってみましょう。」と告げて、スピナーベイトを巻きに行きました。昨日から続けている釣りであることも手伝って、釣り方に磨きがかかって来た田尾さん。すると、いきなり40cmオーバー・・・のナマズ! これは何かのお告げかと思い続行すると、しばらくして本日の最大魚がストライク! 序盤での大物捕獲に「飾りました。」と田尾さんは早くも満足モード。その後はバイトが遠のいたので、大きくエリア変更しました。

田尾様

「巻きまくって有終の美を飾りました!」

 もう少し様子を見ようと思い再開すると、いきなり良型がストライク! その直後には一回り大きな魚が来ましたが、惜しくもフッキングならず。これで完全に田尾さんの巻魂に火が点いてマシーン化。投げまくり引きまくって再び良型の捕獲に成功! 更に有望エリアへ入り直して1匹追加。更に更に1バイトを得ましたが、これはミスバイトだったらしく・・・。撃つ場所がなくなったところで深場へ移動し、ジグヘッドで釣って行きましたが全く反応ナシ。そこで、スピナーテイルジグに作戦変更すると、1投目で良型がストライク! そして最後は〆のスピナーベイトを試みましたが、残念ながらバイトは得られず終了時間となりました。
 「いや〜、巻きました。」と完全燃焼の田尾さん。数釣りはできなかったものの粒揃いであり、昨日より格段に魚とのコンタクトが増えたので、なかなかの内容だったと思います。大きなミスもなく釣り終えたわけですから、十分"有終の美を飾った"と言えるでしょう。



HOME ガイド内容と料金 7つの特徴 フィッシングカレンダー ご予約


E-mail guide@yamanotayori.com

- 裏磐梯・桧原湖 山の便りバスフィッシングガイドサービス -