タブ2017
2018 2016 2015 2014 2013 2011 2011
5月上5月中5月下6月上6月中6月下7月上7月中7月下
8月上8月中8月下9月上9月中|9月下|10月上10月中10月下
No.66

【日 時】 9月24日(日) 4:15〜 / 15:45〜
【場 所】 桧原湖
【状 況】 天候:晴れ 水温:17.4℃〜
【お客様】 倉川 様
【テーマ】 巻く! / 一発大物狙い
【釣 果】 スモールマウスバス5匹(最大40.5cm)
【ヒットルアー】 メタルバイブ・スピナーテイルジグ・スピナーベイト・デカゼミ

 前回はライトリグも使った非常に手堅い釣りをしたこともあり、今回は"らしい釣り"で釣ることになりました。連休の日曜日であることを踏まえ、夜明けと同時に無人の湖上に出船!
 まずはMR-DRクランクで探りましたが反応ナシ。新加入のスピナーベイトでは2バラシと波に乗れず・・・。魚探画像を基にメタルバイブに作戦変更するとバイト頻発! 飽きられないようにスピナーテイルジグも併用したことで、3本の良型を仕留めることができました。その後はリクエストに沿って浅場へ向かい、スピナーベイトで2バイト1フィッシュ。晴れて来たのを機に、時期尚早かと思いつつサイトフィッシングを試みましたが、40cmオーバーのラージを含め、見つけた魚は全てルアーの着水で逃げるという・・・。水温が最高潮に達する夕マズメにリターンマッチすることにして、一旦、湖を後にしました。

倉川様

「最後の最後にデカトップで仕留めました!」

 日中は仮眠して充電した倉川さんは、気合十分。予定どおり大物ラージを見つけた場所でバズベイトをメインに再挑戦しましたが、全く反応ナシ。広範囲を投げまくりましたが反応がないので、少しエリアを変えてみると複数のライズ発見! それらをポッパーで撃って行くと、2バイト目に40cmオーバーがストライク!・・・したもののバラシ。その後はデカゼミにも出ましたが、フッキングには至らず・・・。夕闇が迫り実釣時間も残り僅かとなった時、静寂を打ち破る突然の「ゴボッ!」・・・ストライク! これまでの経緯を踏まえて慎重にファイトし、遂にネットインに成功。9回裏2アウトからの大逆転劇に倉川さんが感無量となったところで、気分良く湖を後にしました。
 今回は珍しくバラシが多い倉川さんでしたが、最後にキッチリと40cmオーバーを仕留めて面目躍如。これからの時期はデカトップで大物を仕留めるのが難しくなって来るだけに、値千金の1本となりました。"らしい釣り"ができて本当に良かったです。

No.67

【日 時】 9月25日(月) 6:30〜
【場 所】 裏磐梯各所
【状 況】 天候:晴れ 水温:--.-℃〜
【お客様】 倉川 様
【テーマ】 秋の行楽フィッシング
【釣 果】 スモールマウスバス4匹・ラージマウスバス1匹(最大45.5cm)
【ヒットルアー】 プロップベイト・スピナーベイト・ホッパー他

 昨日は夕マズメの部の最後の最後にドラマを起こしたので、その疲れを癒すため放射冷却現象で冷え込みが予想される早朝はパス。あえて寝坊して気温が上がり始めるタイミングで釣り場に入り、景色を楽しみつつ釣るという大人の対応で臨みました。
 まずは、ロマンを求めてドデカトップから始めましたが反応ナシ。バズベイトにも反応がなかったので、一気にサイズダウンさせプロップベイトに作戦変更すると、水面が盛り上がって36cmがストライク! ただ、後が続かない・・・。そこでスピナーベイトに作戦変更すると、しばらくして39.5cmのラージがストライク! しかし、これまた後が続かない・・・。本命エリアへ移動しシャッドテイルワームを試しましたが、こちらは完全ノーバイト。行楽日和になったのは良いものの、掴みどころがない苦しい展開となりました。過去、タフな状況下で効果のあったソフトスティックベイトを投入すると、ようやく39cmがストライク!

倉川様

「軟らかい対応で45cmオーバーを仕留めました!」

 小休憩してからは別の釣り場へ移動。そこでは再びロマンを求める釣りを試してみましたが、全く反応ナシ。やむを得ずソフトスティックベイトを投入すると・・・「デカイです!」とロッドをブチ曲げる倉川さん。無事にランディングしたのは本日の最大魚! これで傾向が見えて来たのでラバージグに作戦変更すると、早速バイトがありましたが途中で無念のフックオフ。ようやく釣り方が絞れて来ましたが、今日はトップウォーターでノーバイトだったので、最終ポイントではホッパーで〆ることにしました。すると、小型魚ながら「モコッ。」と出てストライク! 筋書き通りに事が運んだので、ここでハッピーエンドとしました。
 今日は状況把握に苦戦して結果的にジャンクフィッシングとなりましたが、最後の1匹を除けば最小サイズ36cmというハイアベレージを達成! これは、苦しみながらも適材適所の釣りができた証と言えるでしょう。ヤマブドウの紅葉も釣りに花を添えてくれました。

No.68

【日 時】 9月29日(金) 4:00〜
【場 所】 桧原湖
【状 況】 天候:晴れ 水温:16.3℃〜
【お客様】 大堀 様
【テーマ】 (できればトップで)ファイトが楽しめるサイズのスモールを釣る
【釣 果】 スモールマウスバス4匹(最大43.0cm)
【ヒットルアー】 スピナーベイト・フローティングミノー・ワーム

 過去の裏磐梯遠征では30cmの壁を超えることができず、スモール特有のファイトが未経験という大堀さん。今回は大人の事情により十分な準備期間がとれないまま単日での挑戦となったものの、状況が許す限りハードルアーで臨むことにしました。
 まずは、MRクランクから始めましたが反応ナシ。キャスト練習も兼ねてスピナーベイトに替えて釣っていると、幸運にも単発ボイル発生! 2投目でキャストが決まると遂にストライク! 1匹目から念願の30cmオーバーとなり、一安心の大堀さん。ただ、スピナーベイトがベストな選択とは思えなかったので、フローティングミノーに作戦変更すると、狙いどおりバイト連発!・・・となったものの、3連続バラシで波に乗れず。魚は半信半疑でルアーにバイトしている感があったので、ここでミノーのサイズを落としました。すると、「ゴボッ!」と出たのは42cm! 目標を大きく上回る40cmオーバーを手に、大堀さんも感無量。

大堀様

「トップウォーターで念願の40cmオーバー×2本は、感無量です!」

 その後はミノーを見切った魚に対しては、手堅くジグヘッドリグでフォローし、キッチリと良型を仕留めることに成功! 少しエリアを変えてみると、そこでもボイルを発見! その付近にミノーをキャストすると、1投目で「ゴボッ!」・・・ストライク! ロッドブチ曲がり&ドラグ鳴りまくりとなったので慎重なファイトを促すと、ロッドティップまでルアーを巻く大堀さん! ロッドティップごと強引にランディングしたのは本日の最大魚。この時点で、めでたくテーマ達成となりました。その後は予想どおり秋の行楽日和となったので、ライトリグに移行しましたが、完全にルアーを見切られているようで、終了時間となりました。
 前日の雨による水温低下の悪影響を心配していましたが、本命エリアが機能してくれたおかげで何とかテーマを達成できました。前夜の事前準備も釣果に大きく貢献したと思います。準備期間とモノが限られていたことを考えれば、大健闘と言えるでしょう。



HOME ガイド内容と料金 7つの特徴 フィッシングカレンダー ご予約


E-mail guide@yamanotayori.com

- 裏磐梯・桧原湖 山の便りバスフィッシングガイドサービス -