タブ2017
2018 2016 2015 2014 2013 2011 2011
5月上5月中5月下6月上6月中6月下|7月上|7月中7月下
8月上8月中8月下9月上9月中9月下10月上10月中10月下
No.34

【日 時】 7月7日(金) 4:00〜 / 16:30〜
【場 所】 桧原湖・曽原湖
【状 況】 天候:晴れ 水温:20.0℃〜 / 24.5℃〜
【お客様】 倉川 様
【テーマ】 桧原湖で釣る / 一発大物狙い
【釣 果】 スモールマウスバス8匹・ラージマウスバス1匹(最大46.5cm)
【ヒットルアー】 SSRクランク・セミルアー・スピナーベイト・デカゼミ他

 前回の大爆釣で負傷した親指がようやく完治したという倉川さんは、気合十分&睡眠時間不十分。月齢の関係上、「過度の期待は禁物ですよ。」と告げてから、平日であることを踏まえて朝マズメの部はリクエストの桧原湖へ向かいました。
 大雨による増水を考慮して釣り始めましたが、その恩恵はほとんどなく、SSRクランクに3バイト1フィッシュ。早くも夏日の様相を呈して来たので、前回の爆釣パターンを試すことにしました。すると、早速41cmがストライク! パターンは何ら変わっていないことを確信したので、それからはスピニングタックルのみで釣って行きました。良型に限って捕獲に失敗するという苦しい展開となりましたが、1つの傾向は掴めました。しかし、エリアによってはセミルアーにUターン連発! エリアは合っているのに食わせ切れない歯がゆい展開。しかし、最後に42cmがセミルアーにストライク! これで気分良く終えることができました。

倉川様

「トップメインで40cmオーバー×4本と今回も正しく大暴れしました!」

 暑い日中は日帰り温泉施設で充電した倉川さんの気合は、太陽が傾くにつれて急上昇。他船が引き上げ始めるタイミングで曽原湖に出船しました。序盤は有望スポットをラン&ガンし、中盤からはヒットパターンを絞り込む展開としましたが、倉川さんの調子が上がらず・・・。調子を取り戻す意味も込めてスピナーベイトに作戦変更すると、早速39cmがストライク! そしてセミルアーで1匹追加した後にポッパーで42cmと完全復活! 最後は温存していたスポットへ入りました。そこでは全幅の信頼を置くデカゼミを投入すると「ゴボオッ!」・・・ストライク! 最後に本日の最大魚が出るというハッピーエンドとなりました。
 朝マズメの部では気難しい魚に苦労させられる時間帯もありましたが、終わってみれば「いや〜、ハイアベレージでしたあ。」と今回も正しく大暴れした倉川さん。夏らしく最後をデカトップで締めくくることができたのも、スカッと爽快だったと思います。

No.35

【日 時】 7月8日(土) 5:00〜
【場 所】 小野川湖
【状 況】 天候:晴れ 水温:20.6℃〜
【お客様】 倉川 様
【テーマ】 フライフィッシングの上達を図る
【釣 果】 スモールマウスバス11匹(最大42.0cm)
【ヒットルアー】 セミルアー・ドライフライ・ストレートワーム

 昨日、正しく大暴れした倉川さんは、睡眠時間を確保する意味もあって遅めの出発を選択。週末ということもあり、引き波と混雑を避けて、小野川湖へ向かいました。
 夏日になることは確定的だったことから、水質良好のエリアを求めて大移動していると、湖岸にクマを発見! しばらく観察会をしてから実釣に移りました。まずはハルゼミフィッシングで様子を窺うと早速反応アリ。そこで早々にフライフィッシングを導入すると、小型ながらもストライク! しかし、他の良型は偏差値が高く容易には食って来なかったため、エリアを変更するとアッサリ追加。そして、回遊中の魚を狙うと40cmが一撃となり、フライフィッシングを修行中の倉川さんにとっては会心の1本となりました。ただ、晴天ベタ凪だけに、プレゼンテーションに失敗すると即アウト! リアルチャレンジの釣りとなりました。

倉川様

「ルアー&フライで40cmオーバー×4本と、2日連続で正しく大暴れしました!」

 後半から風が吹き始めると、魚からの反応が一変。それまではノーシンカーを無視していた神経質な魚も、着水と同時にルアーを見に行くようになり、良型の後には42cmが一撃! その後も良型が2投連続でヒットし、「ここまで違いますか!」と風がもたらす影響に驚く倉川さん。そして、前半に釣りこぼした魚を再度狙って更に40cmを追加! この日は魚によって反応するルアー・フライが大きく異なり、魚の嗜好に合わせたものを投入することが肝心でした。このことが分かってからはドライフライも併用して釣れる魚は釣って行き、41cmも追加して気が付けば2ケタ釣果となったところで、暑い湖を後にしました。
 今日は釣果よりもレベルアップに主眼を置いた内容とする予定でしたが、終わってみればまたしても好釣果! ルアーとフライ、それぞれの持ち味を引き出した適材適所の釣りができました。これで真夏のサイトフィッシングに自信が付いたのではないでしょうか?

No.36

【日 時】 7月9日(日) 3:00〜
【場 所】 曽原湖
【状 況】 天候:晴れ 水温:23.8℃〜
【お客様】 嶌村 様
【テーマ】 曽原湖でデカトップによる一発大物狙い
【釣 果】 スモールマウスバス1匹(最大32.0cm)
【ヒットルアー】 ポッパー

 ソフトルアーでの数釣りよりもトップでの1バイトに価値を見出す嶌村さんは、普段の釣行では5:30amには釣り終えるというだけあって、激早出動を選択。小野川湖をオススメしましたが、嶌村さんの意向により、西の空に十五夜を見ながら曽原湖へ向かいました。
 各種条件を総合的に勘案し、「今回のテーマに最適な状況を10とすれば、今回は2です。」と告げてから、無人の湖上に出船! ベイトタックルが2本のみだったので、薄暗い中をSSRクランクとビッグバドで釣って行きました。夏の一等地のみをラン&ガンで釣って行きましたが、全く反応ナシ。ルアーローテーションの甲斐もなく、何も起こらないままプライムタイム終了! ボートやカヌーで湖上が賑わい出した頃には晴天ベタ凪となり、今回のテーマ達成は早くも絶望的状況になりました。事態を打開するため、日陰のエリアをバズベイトで釣って行きましたが、慣れない釣りに嶌村さんも四苦八苦。

嶌村様

「何とかトップウォーターで絞り出しました!」

 オープンウォーターで釣らざるを得ない状況になったため、ベイトタックルで投げられる中で最小サイズのポッパーで釣って行くことにしました。すると、早々に「モコッ。」 嶌村さんはフッキングをしないのでどうなることかと思いましたが、魚が協力的で無事にネットインに成功! 値千金の1匹となりました。その後はトップに限界を感じたので、45cmクラスのラージをSPシャッドで狙ったところ、もうすぐ食いそうになった段階で痛恨のスタック! 別の40cmクラスはSPシャッドのファストリトリーブに食いかけましたが、バイトに持ち込むことはできず、残念ながらそのまま終了時間となりました。
 ド早朝出船とは言え、今回の状況でデカトップで結果を出すには相応の技術が必要であり、すんなり希望を叶えてくれるほど魚は優しくありませんでした。この路線を進む場合には、予備ライン&フックの常時携行や、第1投目にベストパフォーマンスを発揮することなどが必須です。リターンマッチの際には、消耗品を含め事前に相応の準備をして臨みましょう。



HOME ガイド内容と料金 7つの特徴 フィッシングカレンダー ご予約


E-mail guide@yamanotayori.com

- 裏磐梯・桧原湖 山の便りバスフィッシングガイドサービス -