タブ2017
2018 2016 2015 2014 2013 2011 2011
|5月上|5月中5月下6月上6月中6月下7月上7月中7月下
8月上8月中8月下9月上9月中9月下10月上10月中10月下
特別編No.1

【日 時】 4月29日(土) 13:00〜
【場 所】 裏磐梯各所
【状 況】 天候:晴れのち雨 水温:--.-℃〜
【お客様】 倉川 様
【テーマ】 1バイト覚悟でのビッグママ狙い&フライキャスティング練習
【釣 果】 ラージマウスバス1匹(最大37.0cm)
【ヒットルアー】 シャッドテイルワーム

 今回はプレオープンガイド。かつては"ツイてない男選手権(裏磐梯大会)"に参戦していた倉川さんでしたが、今年からは"挑戦する男選手権(同)"にエントリー。"いくつになっても初挑戦"をキーワードに、残雪を横目にしながら釣り場へ向かいました。
 「景色が全然違いますね。」と、ハイシーズンとの差に驚きを隠せない倉川さん。時期的に1バイト&1フィッシュになると思っていましたが、第1ポイントで、いきなり2匹の大物を発見! これをスモラバで狙いましたが完全無視・・・。第2ポイントの魚は反応したものの食わない・・・。しかし、気温の上昇と共に魚が浅場へ上がって来たという確信を得られたので、それからは浅場だけを重点的に釣って行くことにしました。風が吹き始めたタイミングでシャッドテイルワームに作戦変更すると、遂に初バスがストライク! ビッグママではありませんでしたが、倉川さんの各種症状を鎮静化させるには十分な値千金の1匹となりました。

倉川様

「残雪を横目に、めでたく初バス捕獲です!」

 釣れたのは意外にもオスだったことから、ビッグママが出る可能性は十分あると判断して続行。しかし、天気予報どおり急に雲行きが怪しくなり、そのうちに冷たい雨が降り出しました。この調子で行くと夕マズメに時合は訪れないと判断し、更にペースを上げて各所をラン&ガン。しかし、反応ナシ。釣れる見込みが薄い時間帯になったのを機に、ハイシーズンに向けてフライキャスティング講習も行いました。倉川さんがキャスティングの概要程度は掴めたところで最後に再びビッグママを狙いましたが、体感温度がどんどん下がって来たこともありドラマは起こらず終い。明日に備えて夕マズメまで粘ることなく早上りとしました。
 序盤まで好天に恵まれたことも勝因の1つですが、何よりも残雪期に挑戦した倉川さんのガッツが1番の勝因と言えるでしょう。1バイト&1フィッシュの釣りを経験したことで自信も付いたと思います。今シーズンの更なる飛躍は、約束されたようなものでしょう。

特別編No.2

【日 時】 4月30日(日) 7:00〜
【場 所】 磐梯各所
【状 況】 天候:晴れ 水温:--.-℃〜
【お客様】 倉川 様
【テーマ】 1バイト覚悟でのビッグママ&ネイティブイワナ狙い&山菜採り
【釣 果】 ラージマウスバス1匹(最大38.0cm)
【ヒットルアー】 スモラバ・フローティングミノー

 昨日、見事に初バスを仕留めた倉川さんには心に余裕があったこともあり、気温が低い朝方は川でイワナを狙い、気温が上がって来たタイミングでバスを狙うという欲張り作戦にしました。ようやくサクラも開花しヒバリも鳴いて、磐梯も春本番といった雰囲気。
 ルアーでネイティブイワナを狙うのは初挑戦ということだったので、練習を兼ねて各所をラン&ガン。なかなか反応はありませんでしたが、最終ポイントで遂にヒット! しかし、惜しくもバラシ。この頃から気温が上がって来たので、予定どおりバス狙いに作戦変更しました。しかし、天気が良過ぎるせいか魚影がない・・・。そこで、倉川さんは初挑戦となるスモラバの中層スイミングでA級ポイントを狙ってみると、渾身のハテナ顔フッキングが炸裂! またしてもビッグママではありませんでしたが、初挑戦の釣り方で仕留めた価値ある1匹。こうした繊細な釣り方が持ち駒に加わったことで、適応力が更に上がったと思います。

倉川様

「新たな持ち駒で、渋〜く仕留めました!」

 それからはビッグママ狙いでサイトフィッシングを行ったものの、見つけた魚はルアーの着水で逃げるか、少し反応するのみ。午後にならないと魚からの反応は変わらないと判断し、予定を変更して再びイワナ釣りへ向かいました。各所をラン&ガンして行くと、第3ポイントで遂に良型がストライク! ネットに収まった美しい魚体を見て、感無量の倉川さん。放流魚全盛の現代にあっては、超貴重な1匹を手にすることができました。こうなったらネイティブヤマメも狙ってしまおうと続行しましたが、そう上手く事が運ぶはずもなく・・・。最後は、この時期らしく山菜採りガイドを行い、鮮度抜群のお土産ができたところで終了としました。
 「いや〜、盛り沢山でした。4月は病みつきになりますね!」と、この2日間を振り返る倉川さん。初挑戦の連続だったので、全てが新鮮だったのだと思います。あいにくビッグママを仕留めることはできませんでしたが、トータルでは充実の内容になったかと思います。



HOME ガイド内容と料金 7つの特徴 フィッシングカレンダー ご予約


E-mail guide@yamanotayori.com

- 裏磐梯・桧原湖 山の便りバスフィッシングガイドサービス -