タブ2015
2018 2017 2016 2014 2013 2012 2011
5月下6月上6月中6月下7月上7月中7月下8月上
8月中8月下9月上|9月中|9月下10月上10月中10月下
No.80

【日 時】 9月19日(土) 4:00〜
【場 所】 桧原湖
【状 況】 天候:全天候 水温:18.8℃〜
【お客様】 倉川 様
【テーマ】 大物ラージ狙い
【釣 果】 ラージマウスバス1匹(最大15.0cm)
【ヒットルアー】 プロップベイト

 大型連休の初日ということで、大混雑を警戒しド早朝から湖の端で釣ることにしました。来月の釣行では出番がなくなる可能性が高いデカトップをメインに、浅場の大物ラージを狙う作戦。今回は秋の王道と言える深場ではなく、あえて浅場で勝負することにしました。
 バイトが少ないのは覚悟の上で、プチビッグベイトを投げまくり。なかなかバイトがありませんでしたが、それにしても反応がない! そこでサイトフィッシングを併用して釣って行くと、良型のスモールを発見! 少し時間を空けてから入り直すと、プロップベイトに「ギラッ!」と来ましたが・・・。その近くには狙っていた大物ラージの姿もあったので、一旦ポイントを離れ、似たような条件の場所だけをラン&ガンすることにしました。すると、有望スポットではボイル発生! フローティングミノーを見切った大物ラージにノーシンカーでアプローチすると、ボート近くでストライク! しかし、一瞬でアワセ切れ。「痛恨だ・・・。」と倉川さんもガックリ。ここも一旦離れて、後から入り直すことにしました。

倉川様

 当初の予想が大きく外れ、湖上はガラガラ。そこで、今日の法則に合致するポイントだけをサイトフィッシングメインで攻めて行きました。すると、随所で良型スモールと対戦できたものの、ルアーを無視したり寸前Uターンしたりと難易度高し! しかし、1匹の良型がセミルアーに接近して「ハフン。」・・・スッポ抜け。小雨が降り始めたものの巻きモノが効く雰囲気ではなかったので、温存ポイントへ入り直しました。すると、シャッドテイルワームに良型スモールがヒットしたものの・・・バラシ。このままでは終われないので時間を延長し、別の温存ポイントでフローティングミノーを投入すると、遂に大物ラージがストライク! 倉川さんは咄嗟にドラグ調整して引きに耐えていましたが、不意にフックオフ。く〜っ、残念!
 今日は、作戦どおりに狙った大物を掛けるまではできていながら手中にはできないという、何とも悔しい釣りになりました。釣果は僅かに小型1匹でしたが、射程圏内に収めた良型は少なくとも10匹以上。魚の方が1枚上手という、楽し悔しの釣行となりました。

No.81

【日 時】 9月20日(日) 3:45〜
【場 所】 桧原湖
【状 況】 天候:くもり 水温:18.1℃〜
【お客様】 倉川 様
【テーマ】 手堅く釣る
【釣 果】 スモールマウスバス3匹(最大42.0cm)
【ヒットルアー】 MRクランク・ポッパー・フローティングミノー

 大型連休初日の昨日は狙いどおり浅場で大物ラージを掛けたものの、ことごとくモノにできなかった苦い経験を踏まえ、今日は深場のスモールも視野に入れた釣りを展開することに。ただ、今日こそは大混雑が予想されたので、昨日とは別の端エリアで釣ることにしました。
 今日は釣果優先で深場のポイントへ直行! 魅惑の魚探画像は出なかったものの、MRクランクで攻めて行くと2バイト目にストライク! 釣れたのは平均サイズに満たないスモールでしたが、倉川さんが落ち着きを取り戻すには十分でした。その後も攻め続けましたが風が強まって来たこともあり、風裏の浅場へ様子を見に行きました。「サイズだったらこっちです。」と告げ、ポッパーで丁寧に釣って行くと、ピックアップ時に突然の「ゴボッ!」・・・ストライク! いつになく丁寧なファイトをする倉川さん。フックは外掛かりでしたが無事にランディング成功! 「ヒヤヒヤものでした。」とホッと一息。エリア的にトップウォーターで釣れるマックスサイズと言える1匹でした。

倉川様

「今日はトップで雪辱を果たしました!」

 これで深場を釣る理由がなくなったので、それからはルアーをシャッドテイルワームに換えて投げ倒し。水面が盛り上がるようなバイトもあったもののフッキングに至らなかったり、フォローのフローティングミノーでもフッキングが決まらなかったりと、1匹が遠い・・・。そのうちに深場のポイントが他船で混雑し始めたため、ガラ空きの浅場で勝負に出ましたが、ルアーを食わせるまでには至らず。念のため深場の様子も見に行きましたが、特に魅惑の画像が出るわけでもなく・・・。ヒットパターンを構築するのに時間が掛かりそうだったので、最後まで浅場でやり切りましたが、残念ながら終了時間を迎えることとなりました。
 今日は、もう少し深場の釣りに時間を掛けるべきだったかも知れません。しかし、夜明けのデカトップを見切り、最初から小〜中型ルアーで釣った作戦は良かったと思います。一矢報いることができて、倉川さんも失いかけた自信を取り戻せたことでしょう。



HOME ガイド内容と料金 7つの特徴 フィッシングカレンダー ご予約


E-mail guide@yamanotayori.com

- 裏磐梯・桧原湖 山の便りバスフィッシングガイドサービス -