タブ2015
2018 2017 2016 2014 2013 2012 2011
5月下6月上6月中6月下7月上7月中7月下8月上
|8月中|8月下9月上9月中9月下10月上10月中10月下
No.64

【日 時】 8月20日(木) 3:45〜
【場 所】 桧原湖
【状 況】 天候:くもり 水温:23.4℃〜
【お客様】 坪田 様
【テーマ】 深場の釣りを覚える&持ち駒を増やす
【釣 果】 スモールマウスバス9匹(最大42.0cm)
【ヒットルアー】 DRクランク・スピナーテイルジグ・ペンシルベイト・メタルジグ

 "トップウォーターとスピナーベイトだけの人"からの脱却を図る坪田さんは、夜明け前から気合十分&睡眠時間不十分。幸いにも風が弱いことが予想されたので、リクエストに応じて桧原湖へ向かいました。
 まずは念のため浅場でデカゼミから始めましたが、予想どおり反応ナシ。そこで直ちに深場へと直行し、「過去、クランクでは1匹しか釣ったことないです。」という告白を軽視してDRクランクを投入しました。すると、ナント1投目にストライク! 衝撃のデビューを飾ることができました。これがマグレではない証に、男巻きで良型を更に追加! この頃から魚が動き始めた感があったので、スピナーテイルジグに作戦変更するとプチバイトラッシュとなり、42cmを含めて2匹を追加することができました。この頃からボイルが増え始めましたが、無視してテーマのメタルジグを投入! 初使用のルアーということでしたが、早々にストライク! これまた華々しいデビューを飾ることができました。

坪田様

「メタル系の釣りで40cmオーバー×2本です!」

 メタルジグに手応えを感じましたが無視できないレベルでボイルが増えて来たので、ボイル撃ちも並行して行い船上は大忙し! どちらの釣りも完璧な釣り方をしないと魚を手にはできませんが、それだけに釣り上げた際の"仕留めた感"は相当なもの。なかなか結果が出なくても「おもしろいです!」と燃える坪田さん。2ケタにあと1匹と迫ったところでボイルも下火になったので、一発大物狙いで浅場へ向かいました。予想どおりバイトは遠かったものの、遂にセミルアーに45cmクラスのラージが「ハフン。」・・・スッポ抜け。奇跡を信じて2投目をキャストすると、同じ魚が再び「ハフン。」・・・スッポ抜け。決定的チャンスをモノにできず、沈む坪田さん。
 残念ながら2ケタ釣果とはなりませんでしたが、魚の分布と行動パターンを読み切った会心の釣りができました。3つのルアーもデビューしたことで、坪田さんの釣りの幅は確実に広がりました。今回の経験が来月の釣りに活かされるのは間違いないでしょう。



HOME ガイド内容と料金 7つの特徴 フィッシングカレンダー ご予約


E-mail guide@yamanotayori.com

- 裏磐梯・桧原湖 山の便りバスフィッシングガイドサービス -